これから複業始める人向けに目的を整理してみた

これから複業始める人向けに目的を整理してみた

複業なんて取り上げられているが、その中身や目的は様々です。私たちを取り巻く環境はここ50年で大きく変わりました。

複業は別に珍しくない。

今は企業に勤めている人が増え、専業で働くことが普通になりました。政府も対応を始めていて、厚生労働省はモデル就業規則を複業禁止していましたが、2018年には複業を許容する内容になっています。また兼業、副業ガイドラインを作成しています。

過去を見ても、別に複業は珍しいことではありません。

日本でも50年ほど前は、ほとんどの人が個人事業主、企業に勤めている人の方が珍しいという時代もあります。歴史的に見ればそういった状況の期間の方が長いのです。

また兼業農家の方、実家が事業をやっている方などは土日に手伝うのが当たり前かもしれません。これだって複業です。

会社勤めしかしたことがない、親もサラリーマンだったなんて人が増えているので、取り上げられてるだけです。なんら特別なことではないのです。

なんのために複業するのか

複業やってみようと思うのは基本的に良い事だと思います。成功するにしろ失敗するにしろ必ず役に立つ経験です。ただ複業をやる目的は改めて整理したほうがいいかもしれません。

単純にお金がないから仕事を増やしている。

スキルアップ、キャリアアップのためにやっている。

収入減のリスク回避のためにやっている。

二拠点での仕事をして移住のために下準備。

二拠点で働き、地方で実現したい夢の為に働いている

目的はお金や夢、ライフスタイルなど人によって多種多様です。何を実現したいのかがブレないように始めてみましょう。初めは小さくても構いません。ウェブサイト作るでもいいし、手作り小物を販売するのもいいと思います。

必ずしも副業をやることが正解ではありません。本来は本業としている仕事が、自分がやりたいことと重なっていていれば、本業だけでも問題ないのです。

複業をすることが目的にならないように、意識しながら挑戦してみてください。