未経験からITエンジニア(SE)にチャレンジするにはどうしたらいいのか?

未経験からITエンジニア(SE)にチャレンジするにはどうしたらいいのか?

未経験でも転職できるタイミング

28歳前後になると誰しも一回は転職を考えるのではないでしょうか?仕事をしてる人の7割は仕事に悩み転職を考えますが、実際に転職する人は全体の10%にとどまります。また、一つの業界では7年働くと飽きて別の業界に行く傾向があるようです。
私は29歳でit業界に飛び込んで、そこで学んだ知識で仕事をしています。28歳まで商社で働いていた知識は全く使用してないです笑

ITエンジニアは安定しているのか?

it業界に飛び込んだ理由はいくつかあります。
業界全体がまだ20年くらいしか立っておらずほぼ中途採用のメンバーがほとんどであること。
未経験での募集も多くトライができること。
利益率の高い商材を扱っているので、企業を間違えなければ給料は水準より高め。あとはもともと「インターネット」に携わることを考えていたのが最後の決め手でした。

未経験でもitエンジニアになれるか。

結論から言えばなれます。そんなに難しくはないと思います。必要なのはしっかりと企業を選ぶことと、エンジニアに求められる事をしっかりと理解することです。一個づつ見ていきましょう。

エンジニア未経験者が選ぶべき企業のポイント。

未経験から受け入れてくれる企業には2パターンあります。
  • 離職者が多いため、人の補充を優先している企業
  • 事業が成長しており、教育制度がしっかりしているので人を補充している。
選ぶべきはもちろん後者です。未経験業界に飛び込む際にはここをしっかり考慮しましょう。もちろん自分自身もがむしゃらに勉強しなければなりませんが、サポートがあるのであれば越したことはないです。失敗するパターンは資本金や従業員数で会社の規模を見て判断する事です。大手だから安定ということはありません。逆にベンチャーの方が圧倒的に給与は高いです。前職のエンジニアは600万超えてたらしいので…
こういった内情はなかなか求人票には出てきません。なぜかというと求人は企業が出している広告なので悪いことは書いてないです笑。ですので基本的には企業人事と距離の近い転職エージェントを選ぶことが成功の秘訣となります。

サイトではなくてエージェントの理由

特に業界専門のエージェントは人脈勝負の世界のため、無理に入社をすすめてこないのが個人的にはポイントが高いです。(ミスマッチ人材を紹介するともう爪弾きに合うとかあるのです)ですのでしっかりと相談してどんな職につきたいのかを相談することが必要になります。
一部特化型のエージェントを記載しておきます。
調べれば大手も中小でも、いくらでも出てきます。

エンジニア転職なら【Tech Stars Agent】

 IT・WEB・ゲーム業界など業界特化型エージェントです。  5~10年後といった将来を見据えたキャリアの提案をしてくれます。数多くの紹介をしてるので実績ありますね。

【TechClipsエージェント】

ITエンジニアに特化した転職エージェントです。 現職エンジニアがキャリアアドバイス、技術査定をします。やはり現場経験のある人と話をすることがすごく大事です。

エージェント以外の選択肢として派遣会社という手もあります。会社をしっかり選べば転職よりも自分にあった環境を探しやすいのが特徴です。
なぜかというと派遣の場合、職場が合わなければすぐ次を紹介してくれます。しかも案件が多い会社であれば自宅から近い職場を優先して回してくれます。自分にあった会社が見つければ長く就業するか、場合によっては転籍する手もあります。自分で就活するよりよっぽど楽です。一つの選択肢として出しておくと幅が広がります。
 (後日掲載)
最終的な決め手はエージェントや営業マンとの相性になります。私は過去の転職の際にエージェント経由で決めましたが、大手ではなく小さな紹介業者でした。
大手はやはりかなり強引な進め方だったり目標と違う求人を勧めてきて信用できなかったのが正直なところです。まずはたくさん相談することから始めましょう。

なんで企業はシステムエンジニアに高い給料を払うのか?

企業の望むseは単なる作業員ではありません。会社のインフラやサービスを支えて、事業の課題解決ができる人材を探しています。作業スピードが早いからと言っても事業成長に貢献できなければ意味がないです。逆に言えば事業貢献をしっかり見据えることができれば差別化する事ができます。
また、この分野はどんどん新しい職種が生まれています。こういった分野で新しいことに取り組める人が求められているのです。
年収1000万円超、米国で需要増の職業「看護情報学者」とは
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170625-00016711-forbes-bus_all
未経験でチャレンジする人たちには是非現場にはない視点を持ってほしいと思います。