簡単なゴキブリ対策!木工用ボンドとハッカ油で本格対策!

簡単なゴキブリ対策!木工用ボンドとハッカ油で本格対策!
夏本番になってきて嫌なことがある。そう、ゴキブリが多発するシーズンなのだ。
しかし、先月に対策を見直したところ。ほとんど見なくなったので対策内容をシェアしたい。今回活躍したのは木工用ボンドだ!

まずはゴキブリ対策のポイントを整理しておく大事なのは三点。

  • 入ってこないようにする。
  • 引き寄せるものを置かない
  • 居づらい環境を作る。

まずは入ってこない対策をしよう。

ゴキブリは1.5ミリの隙間があれば侵入可能らしい。(恐ろしい…)なので室外とのつながりを徹底して潰す必要がある。
【チェックポイント】
  • ドア
やつらは大胆にも玄関から堂々入ってきます。ドアを占めたときに隙間があるようだったらまず埋めましょう。埋めるときはスポンジがおすすめ。
夏になると網戸で過ごすことも多いです。その網戸に隙間ないですか?傾きを調整することができればピッタシと隙間を埋めることができます。
  • 換気扇
よく言われる場所ですがここを対策する人は少ない。とにかくフィルターを貼りましょう。物理的に隙間がなければとりあえず部屋にはいってきません。特に台所の換気扇、トイレの換気扇対策の効果は大きいはず。
  • 洗面台下の配管
室外と直結しており、かつ湿度の高い場所です。最優先で対策が必要です。とくに配管が出ている部分です。一般的には隙間を減らすゴムの蓋や金具があります。しかしその蓋自体にも隙間が存在しており、臭いや害虫の侵入を防げないのです。ここで活躍するのが木工用ボンドです。少しの隙間ならこれで埋めてしまいましょう。一日もしたら乾きますしパテなど成形の手間もありません。我が家ではこの日を境に激減しました。
  • 壁のつなぎ目の隙間
配管と合わせて徹底的に隙間を埋めました。特に水回りや屋根裏との接合部分は重点的に。

ゴキブリを呼び寄せるものを置かない

基本的に何もないところにゴキブリは来ないです。
匂いのするものや、湿度が高いなどの住みやすい環境を作ってしまっています。なのでゴキブリの住環境を破壊するため、細かな掃除をします。

どんなときに来てるか確認しましょう。

  • 皿など洗い物が溜まってる
  • 生ゴミが溜まってる
  • ゴミ箱の蓋が空いてる
  • 缶ゴミ捨て忘れている

最後に居づらい環境を作る!

室内が終わったら、最後にヤツが近づいてこない環境を作り上げましょう。ここまでやっておけば完璧です。
ゴキブリが嫌がるものはいくつかありますが代表的な物はハッカ油です。頻繁に出る場所、入ってきそうな場所にアロマ的に設置しましょう。我が家で取り入れて成果出ているのは素焼きストーン+ハッカ油です。週に一回くらい数滴垂らすだけです。
爽やかな匂いもするので夏場には良いです。
 + 
また定番どころで殺虫剤と忌避剤もスタンバイしましょう。今は忌避剤の性能もよく二週間に一回使用すればかなりの確率で忌避できるようです。そして変わったハーブでチバシーと言うものがありこれもゴキブリにきくようです。試したことないので誰か教えてください。
また、業務用の駆除剤を使用するという方法もあります。

いちようゴキブリの天敵も覚えておく。

生物界で無敵のように感じるゴキブリですが天敵も存在します。ゴキブリを食べて生きていく生物もいます。我が家では、見つけたときは優しく見守ることにしています。(室内で見ることはあまりないですが…)
ゲジゲジ
アシダカグモ
いかがでしょうか?やれてる対策とやれてない対策があると思いますので、不足部分だけでも取り入れてみてください。おすすめはハッカ油なのでぜひ!