子どもが出来た!お父さんが絶対に知っておくべき心構え。

子どもが出来た!お父さんが絶対に知っておくべき心構え。
子どもが出来た!子どもが生まれる!本当に幸せなタイミングです。今思い返しても幸せな気持ちになります。それと同時にもっと父として絶対に知っておくべき考えがあったなと反省もしています。そうすれば夫婦仲で悩むことも減って、奥さんの負担軽減もできた。これは世の中のどの家庭でも起こることです。もしその解決の手伝いができればと思います。

子育ての環境

ここ数年保育園に入れない。待機児童になってしまう。妊娠した瞬間から保活(保育園活動)と言った問題が取りだたされるようになりましたね。いままで大きく取り上げられることがなかった話題が上げられています。個人的にはお母さんたちの現状が世の中に認知されるきっかけであり報道自体は問題ないと思います(記事の内容の質の良し悪しはありますが…)それ以上に今までないがしろにされてきたお母さんたちの子育て事情が露呈しました。

父親の働く環境

私の家族構成は3歳と1歳です。第一子を妊娠してからの数年間で感じましたが大変なのは女性です。男性は「仕事に行く」という家庭からの脱出方法があり、一人の時間があり比較的生活への影響は少ないです。もちろん仕事は大変です。でも仕事と家庭を両立するというのが男性の育児参加でキモになるポイントです。私は両立するためなら転職するのも方法だと考えています。なにせお母さんや子供にとってはお父さんの仕事内容は関係ないのですから。

専業主婦は年収300万相当

専業主婦だから楽だろうとか考えてる人がいたらそれは違います。専業主婦の家での家事などを仕事に換算すると年収いくらか知っていますか?おおよそ300万程になります。それだけ家事をするのも重労働なのです。なので家庭内の労働環境(主に家電)も必要に応じて見直しましょう。話を戻していきますね。

赤ちゃんができたら24時間勤務

お母さんたちは妊娠した瞬間から24時間365日勤務が始まります。一日たりとも好き勝手にできません。妊娠時期はつわりやお腹の赤ちゃんのことを考え、好きなものを食べられずお酒も飲めません。お父さんが帰ってくれば布団の中に手を出してきていい迷惑です。(世の中の男性は肝に銘じろ)出産してからもすべてが初めてでわからないことだらけ。でもここで赤ちゃんにやってあげることは影響がでる、失敗できない!お父さんとは育児の意見が食い違うし指図ばかりされる…保育園に入れないと復職も出来ないし、求職することも出来ない!
 お母さんたちは子供が独り立ちするまで休むことができません。本当に休めません。そこで世の中のお父さんに提案です。

考える時間を作ってあげる

お母さんに一人の時間を作ってあげてください。土曜、日曜はお休みですか?シフト制のお仕事ですか?仕事で疲れてるは言い訳です。だってお母さんはもう子供が独り立ちするまで休みがないんですよ?休みを作ってあげるのはお父さんしかいません。それが出来ないなら覚悟が足りません、子育てを考え直してください。できることなら自然と子供と散歩に行くとか、子供との時間を取ることに使いましょう。

母親のライフスタイルを考える

そして一人になったお母さんは子供のことだけでなく「自分の人生」についてほんの少し考えてみませんか?どういう生活をしたいのか。理想のライフスタイルは?どんな家に住みたいのか。子供が大きくなった時には何をしたいのか。すべてが明確である必要はないですが考えることは必要です。まず家族のあるべき姿を考えてみませんか?あなたの人生は子供がいなくなってからの方が長いのですから。

 次回は保育園や幼児の時に考えておくべき資産形成についてフォーカス