保育園に預けるメリット

保育園に預けるメリット

ライフスタイルから保育園の活用について考える

 

保育園に預けたいと考えているご家庭も多いと思いますが、何のために預けるのか明確ですか?

いろんな理由があると思いますが、メリットをしっかり理解しておくことも大事かと思います。

我が家ではライフスタイル実現のために、保育園を最大限活用することにしています(笑

母親の育児負担軽減、子育てストレス緩和

正直子育ては大変です!
一人の人間を育てていくことがこんなに大変だとは、、、

子供が生まれる前には想像できないものです。

ですので負担を減らすべくという方もいらっしゃると思います。

これは間違った考えではないです。

そもそも子育ては母親一人でやるものではないです。

昔であれば祖母祖父との同居が普通です育児の手が多くありました。

ご近所付き合いも今と違い子供を見るくらいは普通に行われています。

ライフスタイルの変化に伴い保育園に求められる意味合いも変化してきたのが現状ですね。

なので保育園を頼ることは何ら悪いことではないのです。

収入の増加、収入口の複数可

ここ二十年で日本人のライフスタイルは大きく変化しています。

特に収入に関する事情は大きく変わっています。

男性が一人で家庭を支えるという収入スタイルでは子供の養育費が足りない、

老後の費用が足りないなど様々あります。(このあたりは別の機会に書きます)

その為、収入口を複数持つことは生活する上でかなりのリスクヘッジとなります。

貯金ができるのも子供にお金がかからないうちだけなのです。

子どものコミュニケーション能力の発達

3歳前後で子どもは多くのことを覚えます。

特に保育園ではこういった事を学ぶ事が出来ます。

小学校教諭の友人ともよく話をするのですが、

「保育園から上がってきた子」「幼稚園から上がってきた子」「小学校ではじめて集団生活する子」この3つのグループでは、

人との関わり方、場の雰囲気を察する能力にはかなり差があると言うことでした。

もちろん前提としてですが子どもの人間性、根本的なところはほぼ家庭環境で決まります。

どこに預けるのが良い悪いではありません。結局はご家庭でしっかり子供と向き合うことが大事です。

子どもの教育で何が大事かはご家庭によって違うと思います。

我が家ではコミュニケーション能力を重要視しています。

勉強はできなくてもいいが、人とのつながりは大切にする。これが基本的な考えです。

家族としてのあるべき姿の方法として捉える

どうしても育児に目が行くと毎日をどう過ごすか、

この先どうすればいいのかと不安になります。

僕自身実際育児の目的って何よ?とかわからなかったです。

でもその時に家族としてのどんな生活を送りたいのか。

子どもとどんな風に接していたいのか。

奥さんとどんな風に寄り添っていきたいのか。

どんな家に住みたいのか。

どんな休日を過ごしたいのか。

そんなことを具体的にイメージすることにしています。

そうすることで今どんな行動をすればいいのか、どんな判断をすればいいのかが考えやすくなります。

皆さんも家族としてのあり方をぜひ一度考えてもらえればと思います。